MONROE モンロー ショック アブソーバー・モンロー サスペンション・モンロー ショック

1926年、モンローオートイクイップメントカンパニーは世界初のショックブソーバーになるモンローショックエリミネーター(衝撃除去機)を発明、さらに3年後の1929年には今日のショックアブソーバーの原型となるダブルアクションタイプ(伸び縮み双方に働く)のショックアブソーバーを世に送り出しました。モンローブランドで作られるショックアブソーバーの1本1本は自動車メーカーの厳格な要求以上の品質を満たすように設計・製造します。アフターマーケット市場製品に関しても、より優れた操作性、快適性、安全性を提供する製品を作り、センサトラックやリフレックスと絶えず技術革新を投入した製品をリリースしている。

●並行輸入のモンローが多数出回っておりますが、当社のモンローは全て 正規輸入元テネコオートモーティブ からの仕入れ商品となっております。正規モンロー輸入元のメーカー保証が可能な正規輸入モンローの安心をプラスして格安にてご提供いたします。

MONROE モンロー ショックアブソーバ /周辺パーツ

OESpectrum / OEスペクトラム(=OES)
Reflex / リフレックス(=RE)
Original / オリジナル(=OR)
Sensa-Trac / センサトラック(=ST)
OEスペクトラム車種ごとに最適なバルブシステムを採用したワンランク上の純正交換用ショックアブソーバモンロー OEスペクトラム
リフレックス走行性能の向上としなやかな乗り心地を両立させるプレミアムショックアブソーバモンロー リフレックス
オリジナル部品の細部にまでこだわったワンランク上の純正交換用ショックアブソーバモンロー オリジナル
センサトラック道路感知テクノロジーによる走行性と快適性を両立させるショックアブソーバ
Adventure / アドベンチャー(=AD)
MAX-Air / マックスエアー(=MA)
Electronic Shock / 電子制御式(=CV)
周辺パーツ(=MK/PK/MC)
アドベンチャーオフロードの走破性とオンロードの快適性を両立する4WD専用ショックアブソーバモンロー アドベンチャー
マックスエアー過酷な使用条件に対応するレベライザー機能付きショックアブソーバモンロー マックスエアー
電子制御式常に最適な減衰力を発生させる最先端技術を搭載した電子制御式ショックアブソーバ モンロー CVSA
周辺パーツ製品パフォーマンスを飛躍させるOR周辺パーツ Mounting Kit マウンティングキット(=MK)/Protection Kit プロテクションキット(=PK)/Magic Camber マジックキャンバー(=MC)モンロー 周辺パーツ
車種一覧
 日本車  日本

 イギリス車 イギリス

 フランス車 フランス

 ドイツ車 ドイツ

 イタリア車 イタリア

 スウェーデン車 スウェーデン

 アメリカ車 アメリカ

MONROE(モンロー)概要
世界初のショックアブソーバの発明現在の原型となったMONROEダブルアクションタイプの開発MONROEの歴史は、タイヤポンプメーカーから始まっています。1916年、第一次世界大戦勃発から2年、ガソリンスタンドもカーショップもまだ無かった頃、当時青年実業家だったオーガスト・F・マイヤーは、道ゆく車のタイヤが頻繁にパンクし、ドライバーが路上で修理している光景を見て、これにヒントを得、タイヤポンプの製造会社ブリスクブラストマニュファクチュアリングカンパニーを創設しました。
10年後の1926年、モンローオートイクイップメントカンパニーがモンローショックエリミネーター(衝撃除去器)を発明し、1929年には、今日の原型となるダブルアクションタイプのショックアブソーバを世に送り出したのです。
1952年ライドコントロール製品のサプライヤーとして、インディ500への参戦を開始し、翌1953年にはモンローを装着したマシンに乗ったビリィ・ブコビッチが見事に優勝を果たしました。
 
 
世界最大のショックアブソーバーブランド-「MONROE」
モンローショックアブソーバー世界拠点その後MONROEは自動車専用ショックアブソーバーを中心に開発・製造・販売を一貫して行う企業として1964年にはアメリカ国内だけでなく、ヨーロッパはベルギー・セントテゥルーデンを皮切りに世界各国へ拠点展開をスタート、さらに1977年、現在のテネコオートモーティブ社の母体である。テネコ社の自動車部品事業部にグ輪割ることでアメリカビッグスリーをはじめメルセデスベンツやポルシェ・フォルクスワーゲンなどをヨーロッパのカーメーカー及びほとんどの日本のカーメーカーに純正製品としてモンローショックアブソーバーを供給するようになりました。
モンローブランドで作られるショックアブソーバーの1本1本は自動車メーカーの厳格な要求以上の品質を満たすように設計、製造されます。そして現在では7カ国以上10箇所以上の向上を持ち、1日30万本、年間約6000万本のショックアブソーバー生産力を持つ世界最大のショックアブソーバメーカーに成長。北米、ヨーロッパ、オーストラリア、南米においてのリーディングサプライヤーとして確立。近年、モンローは発展目覚しいアジア諸国への進出も果たしています。
MONROEの品質
MONROE(モンロー)の各生産設備及びロジスティック機能は確かな開発・設計プロセスと品質管理によりISO規格及びカーメーカーから指定されるQS9000等の品質基準に適応しています。これらの純正品生産技術と80年以上のマーケティング活動はアフターマーケット市場製品の、より優れた操作性、快適性、安全性を提供する製品作りに反映させています。1982年ガスマティック、1990年センサトラック、2002年リフレックスと、絶えず革新技術を投入した製品をリリース。モンローショックアブソーバーを装着した車輌は安全性と快適性の進化を遂げ、ドライバーはクルマの操作性が向上したことを実感することになります。

世界初のショックアブソーバを世に生み出した「モンロー」。
その後80年にわたり絶えずテクノロジーを進化させてきました。パイオニアとして、そしてリーディングサプライヤーとして、常に高品質な商品を供給し続けています。それが「モンロー」です。

↑ PAGE TOP