ランドローバー パーツ / LANDROVER 部品・サスペンション・マフラー・ブレーキ等アフターパーツを激安価格で全国通販!

アフターパーツ.co.jp ホームへ
ランドローバー

ランドローバー用パーツを車種から検索

車種名をクリックするとその車種に対応したアフターパーツメーカー一覧が表示されます。
(スペーサー・ボルト等一部商品は車種別分類をいたしておりません。商品ブランドからの検索でお確かめください。)

ディスカバリー ディフェンダー フリーランダー レンジローバー レンジローバー イヴォーク

◆ランドローバーとは?
ランドローバー (英: Land Rover)は、英国基盤のオフロード4WDの自動車メーカーである。代表的な車種に、レンジローバーがある。その他、ディスカバリー フリーランダーなども、生産、発売されている。 キャメルトロフィー世界大会に、第1回を除いて採用されていた。 ランドローバー社はレンジローバーやディスカバリーを生産する英国の自動車メーカーだが、ランドローバーは、1991年までは、現行車種名でディフェンダーと称される車の名称だった。ランドローバーが誕生したのは第二次世界大戦後。欧州市場を狙って、運転席を左右どちらにするか迷った挙句、試作車ではステアリングホイールが中央に位置したものもあった。 ランドローバーはそのホイールベース長によって、88・109などと車種を区別していた。1986年にはレンジローバーが採用するフルタイムトランスファーやコイルサスペンションを採用し、これに伴ってホイールベースが92.5インチ、110インチに延長され、夫々90・110と呼ばれた。また、さらにホイールベースが長いピックアップトラックの130もある。エンジンはディーゼルとガソリンの二種類。ラダーフレームにアルミボディを載せた構造は、外観からは想像できない低重心で、傾斜安定性も与えている。 かつて、白洲次郎がダム建設計画の下見のためにわざわざ英国から輸入させた逸話は、よく知られている。高速道路巡航から極悪路の走破まで、幅広く高い走行性能を持ち、イギリス軍の軍用車として、或いは、僻地の足として、世界中で活躍しているのがランドローバー(現ディフェンダー)である。
Land Rover series1
Land Rover series1
Defender110 300Tdi
Defender110 300Tdi
◆レンジローバー
レンジローバーレインジローヴァー「RANGE ROVER」(以下レインジローヴァー)はイギリスのランドローバー社で生産されている高級高品質マルチパーパスフルタイム4WD車であり、同社のフラッグシップモデルである。2代目後期から当時親会社であったBMWの技術を一部導入した。販売戦略上は世界的最高級SUVとして販売され、最高級SUVとして不動の地位を維持している。
◆フリーランダー
ランドローバー・フリーランダーはランドローバー社が発売しているコンパクトSUV型自動車である。ボディは5ドアとソフトトップの2ドアが設定されていたが、日本では2ドアは途中で廃止された。

2006年7月の英国国際モーターショーに出展。北米では「LR2」を、それ以外の地域では「フリーランダー2」を名乗る。ボルボ・S80と同じ直列6気筒3.2LガソリンエンジンとフォードとPSA・プジョー・シトロエングループが共同開発した2.2Lディーゼルエンジンが搭載される。
◆ディスカバリー
ランドローバー・ディスカバリーは、ランドローバー が製造するSUVの一車種。レンジローバーの下に位置する車で、レンジローバーよりもシンプルな造りとなっている。初代は レンジローバーの持つ高いオフロード性能はそのままに、細かい部分を排除してコストダウンをしており、手軽に買える輸入SUVといわれ、当時の日本での車両本体価格はローバージャパンのフェアプレイ政策により299万円 (消費税抜き) のグレードSを販売していた。 日本ではホンダの販売網でも販売され、クロスロードの名称で販売された。

2代目では初代の持つメリットをそのままに、ヒルディセントコントロールやエレクトロニックトラクションコントールやセルフレベングサスペンションなどの最新メカを搭載していながら、廃価モデルでは399万と低価格に押さえた。現行のディスカバリー3では、テレインスポレンスやエアサスなどハイテク装備を多くしているために従来のディスカバリーより50万以上も高くなり、手軽とは言えなくなったがそのレベルはレンジローバー並といわれている。

3代目は高級SUVとして生まれ変わった為、価格が大幅に上昇した。インテグレーティッド・ボディフレームと呼ばれる、ラダーフレームとモノコックを複合した強靭な車体となっている。サスペンションがすべてエアサスとなり、ABS・EBD・ETC・DSC・CBC・EBA・ARM・HDC等やエンジン・トランスミッション等、複数搭載されている車両コントロールシステムとエアサスを統合して制御するテレイン・レスポンスと呼ばれるシステムを搭載した。 またエンジンはS、SEがフォード製 (エクスプローラーで使われているものと同じ) に替わり、4リッターエンジンは排気量が4009ccとなったため、日本での自動車税の区分は4500ccと同等になっている。HSEについてはジャガーの4.4リッターエンジンが搭載されている。ジャガーエンジンはディスカバリー3登場以降のレンジローバー、レンジローバースポーツに採用されているものと同等である(レンジローバー、レンジローバースポーツにはスーパーチャージャー搭載の4.2リッターモデルも用意されている)。
◆レンジローバースポーツ
ボディはレンジローバーに似ているが、ディスカバリー3をベースにし、車高を下げた車両である。
出典:Wikipedia